お役立ち情報 · 2021/07/20
インドの政府系インターネット機関紙「Samachar」でオリンピックがメインテーマに取り上げられています。インド選手の情報もかなり詳しく書いてあります。インドでは結構オリンピックの題材が取り上げられ、インドの友人達からもオリンピックの話題が多く寄せられるようになりました。未だに中止せよと騒ぐ人達の多くいる開催国日本よりは、インドの方がオリンピックで盛り上がっているようです。オリンピックを招致できないインドから見れば、招致した東京は羨望の的なのです。インドの友人から「なに!無観客!気は確かか?」などと言われていますが、「日本は公正な国なので、外国からのお客さんをシャットアウトした以上、日本人のお客さんもシャットアウトせざるを得ないのだ」などと言い訳していますが、生涯に一度あるかないかのチャンスを棒に振るという感覚がインド人には理解できないのでしょう。 何はともあれ、インド人選手団が大活躍し、インドがオリンピックで盛り上がることを願うばかりです。

お役立ち情報 · 2021/07/08
デリーのガソリン価格が100ルピーを突破しました。過去1年間でリッター当たりの価格が29ルピーも上がったことになります。ディーゼルも20ルピーの上昇。...
お役立ち情報 · 2021/06/12
6月10日から、メディカルエキスポに出展しています。BtoBヴァーチャル展示会ですが、2日間で14社(インド企業13社、イギリス企業1社)とオンライン商談をいたしました。商談では、世間話なども行い、とても楽しいです。実際の展示会で商談しているような錯覚になることすらあります。

お役立ち情報 · 2021/06/02
6月1日現在の新型コロナウイルス累計感染者は28,175,044人で、世界第2位の状況が続いています。5月以降の第2波の最中ですが、爆発的な感染拡大が減少したためデリー首都圏では6週間継続された外出禁止が緩和されつつあります。 インドの財務省は、5月29日コロナウイルス救援資材の輸入に関する物品サービス税(GST:Goods and Services...

お役立ち情報 · 2021/05/28
標記のプレ公示が出ています。 →https://www.jica.go.jp/priv_partner/information/event/2021/ku57pq00002nacqb-att/20210520_01.pdf 公示に関する事項は以下のとおりです。 公示 6月10日(木) 事前登録 6月25日(金) 企画書提出期限 7月9日(金)正午 選定結果通知 10月上旬
お役立ち情報 · 2021/05/13
当社代表のかつてのドライバーF君は現在ハイデラバードに住んでいますが、本人及びご婦人・長男が新型コロナに感染し1週間入院させられました。彼によれば病院のベッドは足らず、酸素も足らず、薬も足らないひどい状況になっているとのことでした。とにもかくにも、大事に至らず全員無事退院したので安堵しておりますが、そのコロナも現在ピークを過ぎたと報道されています。今後収まったとしても、今回の教訓をもとに第3波を予期した準備を着々と進めていってもらいたいものです。正に、備えあれば患いなし。 ↑F君一家 ただし、40万人感染なんて聞くとヒェッと思いますが、総人口13億8千万人の中の40万人です。かつて30万人の感染者を出した米国の総人口は3億3千万人です。率で言うと、インドの40万人は米国の30万人とは比較にならないほど低いことになります。 現在も数だけを取り上げて報道する傾向が続いていますが、率に関することもちゃんと報道されるべきです。実際、ドイツなどでは何万人当たり何名が感染と報道されています。その率で見ると、インドは100万人当たり約1万7千人で222ヵ国中110番目、死亡率は同じく100万人当たり186人で113番目。ヨーロッパ諸国に比べれば遥かにマシです(worldOmeter)。感染して回復した人の割合は米国79%、インド83%と大差はありません。つまり、数字で見る限り、米国とインドの医療体制にも大差はないことになります(数字上はインドの方が上)。いたずらにメディア報道に煽られることなく、データに基づく客観的な分析する習性を常日頃から身に着けておくことの大切さを改めて痛感させられます。

お役立ち情報 · 2021/05/06
インドで最も多く使用されているのはディーゼル油であり、その85%は輸入に頼っています。インド政府は、高い海外依存率とカーボン排出量削減のため、バイオエネルギーの開発を国家事業として進めてきており、2030年までにカーボン排出量を30%~35%削減することを目標に掲げています。このための具体的解決策として示しているが以下の5つです。...

お役立ち情報 · 2021/04/28
4月26日、約25分間、菅首相とモディ首相との間で電話会談が行われました。 会談の公式内容内容は外務省のホームページに掲載されています。 https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page1_000956.html この中で、菅首相がインドの東北州開発に言及した点は、安倍・モディ会談に沿ったものですが、メガラヤ州で農業プロジェクトを実施中の当社にとってはありがたいことです。...

2021/04/26
既に日本のメディアでも報道されていますが、インドでコロナが急拡大しています。先週水曜日に31万6千人が感染し、1月8日に記録した米国の30万8千人を上回って1日の感染者数で世界最多を記録しました。もっとも人口が米国の4倍いる訳ですから、感染率で考えると米国より遥かに少ないということになります。 4月24日現在の100万人当たりのインドの感染者は...

お役立ち情報 · 2021/04/24
インドでコロナウィルスが急拡大し、これに伴い重傷患者数も増え酸素ボンベが不足しています。なんとかしてあげたいと多方面に当たっていますが何ともなりません。弊社インド代表によればロシアとドイツが緊急支援しているとのこと。日本も緊急支援してあげられないものか。インドは日本の大切な友人。困ったときに助けてくれる友人ほどありがたいものはありません。どうか速やかに援助してくださいますように!!切なるお願いです。

さらに表示する

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像