お役立ち情報 · 2021/05/13
当社代表のかつてのドライバーF君は現在ハイデラバードに住んでいますが、本人及びご婦人・長男が新型コロナに感染し1週間入院させられました。彼によれば病院のベッドは足らず、酸素も足らず、薬も足らないひどい状況になっているとのことでした。とにもかくにも、大事に至らず全員無事退院したので安堵しておりますが、そのコロナも現在ピークを過ぎたと報道されています。今後収まったとしても、今回の教訓をもとに第3波を予期した準備を着々と進めていってもらいたいものです。正に、備えあれば患いなし。 ↑F君一家 ただし、40万人感染なんて聞くとヒェッと思いますが、総人口13億8千万人の中の40万人です。かつて30万人の感染者を出した米国の総人口は3億3千万人です。率で言うと、インドの40万人は米国の30万人とは比較にならないほど低いことになります。 現在も数だけを取り上げて報道する傾向が続いていますが、率に関することもちゃんと報道されるべきです。実際、ドイツなどでは何万人当たり何名が感染と報道されています。その率で見ると、インドは100万人当たり約1万7千人で222ヵ国中110番目、死亡率は同じく100万人当たり186人で113番目。ヨーロッパ諸国に比べれば遥かにマシです(worldOmeter)。感染して回復した人の割合は米国79%、インド83%と大差はありません。つまり、数字で見る限り、米国とインドの医療体制にも大差はないことになります(数字上はインドの方が上)。いたずらにメディア報道に煽られることなく、データに基づく客観的な分析する習性を常日頃から身に着けておくことの大切さを改めて痛感させられます。

お役立ち情報 · 2021/05/06
インドで最も多く使用されているのはディーゼル油であり、その85%は輸入に頼っています。インド政府は、高い海外依存率とカーボン排出量削減のため、バイオエネルギーの開発を国家事業として進めてきており、2030年までにカーボン排出量を30%~35%削減することを目標に掲げています。このための具体的解決策として示しているが以下の5つです。...

お役立ち情報 · 2021/04/28
4月26日、約25分間、菅首相とモディ首相との間で電話会談が行われました。 会談の公式内容内容は外務省のホームページに掲載されています。 https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page1_000956.html この中で、菅首相がインドの東北州開発に言及した点は、安倍・モディ会談に沿ったものですが、メガラヤ州で農業プロジェクトを実施中の当社にとってはありがたいことです。...

2021/04/26
既に日本のメディアでも報道されていますが、インドでコロナが急拡大しています。先週水曜日に31万6千人が感染し、1月8日に記録した米国の30万8千人を上回って1日の感染者数で世界最多を記録しました。もっとも人口が米国の4倍いる訳ですから、感染率で考えると米国より遥かに少ないということになります。 4月24日現在の100万人当たりのインドの感染者は...

お役立ち情報 · 2021/04/24
インドでコロナウィルスが急拡大し、これに伴い重傷患者数も増え酸素ボンベが不足しています。なんとかしてあげたいと多方面に当たっていますが何ともなりません。弊社インド代表によればロシアとドイツが緊急支援しているとのこと。日本も緊急支援してあげられないものか。インドは日本の大切な友人。困ったときに助けてくれる友人ほどありがたいものはありません。どうか速やかに援助してくださいますように!!切なるお願いです。
お役立ち情報 · 2021/04/12
インド政府は、4月11日、国内の需要増に伴い抗ウィルス薬「レムデシベル」の輸出を禁止しました。現在、インドではコロナウィルス感染者がムンバイのあるマハラシュトラ州などで急増しており、この治療薬として認められインドで生産されているレムデシベルに対する需要も急増しています。...

お役立ち情報 · 2021/03/29
インドの農業は、GDP(国内総生産)の20%近くを占める重要な産業で、総雇用の42%が農業従事者です。予算案では農業関連に1兆4830億ルピー(約2兆2245億円)が計上されており、前年度の修正予算額1兆4535億ルピーから約2%の増加となっています。モディ首相は、2022年までに農家の所得を倍増することを目標としており、コロナ禍においても増額したいという思いが伝わってきます。 特徴的な予算措置として、農業インフラ開発特別税(AIDC: Agriculture Infrastructure & Development Cess)が新設されました。これによって得られた予算は、読んで字のごとく農業インフラの整備に使用されます。 コロナ関連では、工場閉鎖等で農村に流れ込んだ労働者を保護するための、国家農村雇用保障事業(NREGA: National Rural Employment Guarantee Act)に7300億ルピー(約1兆950億円)の予算が割り当てられました。 農民の生活を保障するためという理由で、農家から買い上げる穀物の最低支持価格(MSP: Minimum Support Price)を生産コストの1.5倍とすることを保証しましたが、市場経済の自由度を制約してしまうのではないかと懸念されます。 モディ政権は、インドの農業の生産性の向上と商流の自由度を高めようと農業改革を推進していますが、政略もからみ、なかなか進展していないのが実情です。農業関連新法に反対する農民のデモも継続しており収まる気配がありません。当社が行っている農業事業(日本の技術を用いた高付加価値農産物のインド国産化)は、正に農業改革の目指す方向性に合致したものであり、インドの農業に革新的なインパクトを与えられるものと考えております。

お役立ち情報 · 2021/03/22
インドの新型コロナウィルスの累計感染者数は、米国に次ぐ世界第2位の状況が続いていましたが、2021年3月13日ブラジルが増加したことにより世界第3位になりました。...
お役立ち情報 · 2021/03/15
 インドの国防予算は、4.78兆ルピー(約7兆1200億円)で前年の4.71兆ルピー(約7兆200億円)から1.4%増加しました。その防衛新装備品(武器)の調達予算は1.35兆ルピー(約2兆100億円)で19%増加しており、国軍の近代化を進めようという意図が反映された予算となっています。...

お役立ち情報 · 2021/03/08
2021年3月5日インドのモディ首相は、米国で開催中の国際エネルギー会議(CERA)にオンラインで参加し、世界的エネルギー・環境リーダーシップ賞受賞に伴う演説を行いました。...

さらに表示する

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像