インド東北部は開発の原動力

インドのモディ首相は、202026日の下院議会での演説で、「インド東北部は開発の重要な原動力となる地域であり、最早無視される地域ではない。」と述べました。

インドの東北部は、インドの東北に位置する8州を指し、中国、バングラデシュ、ミヤンマー、ネパール、ブータンと国境を接しています。多数の部族が居住し、言語、宗教も入り乱れており、国境紛争とともに州内の問題も多い地域です。
(←メガラヤ州シロンで開催された食品市 )

 

海岸地帯から7000メートル級の山岳地に亘る地形は深い森に覆われる多湿の地域で、石油(アッサム、アラカン盆地で埋蔵量の23%)・天然ガス(アッサム州で埋蔵量の12%)等の資源に恵まれているが、外国人が入ることを制限されている地域(シッキム州の一部。マニプール、ナガランド、ミゾラム州の入域者は外国人登録所に登録が必要)もあり、インフラ整備の遅れに加え産業の成長の足かせの一部になっていました。

 2020年度の東北部の予算において、天然ガスのパイプラインの増設国際空港及び鉄道・道路・水路の建設に重点配分されています。

 インドと日本は、201712月から東北部の開発のためアクトイーストフォーラムを開催しており、中国に対するけん制の狙いも含め、日本はこの地域の道路新設、農業用灌漑設備等インフラ整備を支援しています。

 安倍首相は、201912月にインド東北部の最大都市である、アッサム州グワハティにおいてモディ首相と会談し、慰霊の目的でインパールを訪問する計画でしたが、当地で発生した市民権法改正案反対の抗議の影響により直前になって延期されました。

(参考)

  1. インド東北部の州:アッサム、アルナーチャル・プラデシュ、マニプール、メガラヤ、ミゾラム、ナガランド、シッキム、トリプラの8州。
  2. インパール:マニプール州の州都。大東亜戦争におけるインパール作戦で、日本軍がインド独立を目指したスバス・チャンドラボース率いるインド国民軍(Indian National Army)とともに英印軍(英国植民地下のインドの軍隊)と戦った。

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像