実際のサービスご提供例

ケース1: インドで自社製品を販売したい。

 (1) 基礎調査の実施

 当該製品が日本から輸出できるものか、インドが輸入できるものか、輸出した場合のインドの関税は、等を明らかにする調査のことであり、当社ではこれを基礎調査と呼んでおります。

 

 (2) 市場調査の実施

 当該製品のインドにおける競合製品、商流、市場規模、客層等を明らかにします。製品によってはサンプルをインド人に実際に試用してもらう調査も行います。

 

 (3) 輸入販売業者の紹介

 インドに自社工場を立ち上げて製品を製造・販売するといったことをいきなりできる企業は少なく、まずはインドのパートナー企業に輸入販売してもらうということから始めるのが、リスク管理の点からも望ましいでしょう。このためのインドのパートナー企業の発掘と紹介、並びに交渉支援を行っております。

 

 (4) インドのパートナー企業との契約書作成代行

 インドでは訴訟問題が度々発生します。裁判制度はしっかりしておりますが、裁判官が少なかったり、件数が多かったりと、実際にはかなり長い期間が裁判には費やされてしまうのが現状です。もし裁判になった場合、根拠となるのは契約書です。したがって、この契約書はしっかりしたものを作っておかなければなりません。当社は、現地の大手法律事務所と連携しつつ、契約書作成のお手伝いもしております。

ケース2: インドに支社、駐在員事務所、現地法人を設立したい。

 (1) 登記申請支援・代行

設立するための日本における書類の整備、インドにおける登記申請の代行を行っております。

 

 (2) 現地不動産業者の紹介と賃貸契約支援

 現地の不動産業者の紹介、候補物件の提示、不動産業者との賃貸契約支援を行っております。

 

 (3) 現地インテリアデザイナーの紹介とオフィス設計支援

 現地の信頼できるインテリアデザイナーの紹介のみならず、設計する際の価格交渉からデザインについての具体的な調整支援も行っております。

 

 (4) 現地雇用支援

 現地で雇用する従業員の採用支援(募集、面接等)を行っております。

ケース3: インドを知りたい、現地業者と直接交渉したい。

 (1) グループ視察支援

 類似の目的を持つ複数の企業が団体行動を基本とし、インドビジネスを始めるための基礎情報を現地において把握するための各種手配を行っております。

 

 (2) フルカスタマイズ視察支援

 一つの企業に対し、関連業界との意見交換、パートナー候補企業の研修、意見交換、商談等の各種手配を行っております。ビジネス関連のみならずインドの研究機関、教育機関等との意見交換・情報交換の手配も行っております。

 

 (3) セミナー

 インドに関する全般事情からインドビジネスの魅力とリスク等を分かりやすく解説しています。

セミナーの実績は、「実績」ページをご参照ください。

ケース4: インドから物品を取り寄せたい。

 (1) ちょっとしたリサーチのために、インドの市場で販売されている商品(またはその商品の販促ツール)を入手したい。コンサルティング契約をするまでもないが、入手を手伝ってほしいという気軽なニーズにお応えします。

 

【実際に入手をお手伝いした物品】

● インドのメーカーが製造するスポーツ用具(現地の品質を把握するため)

● 基礎化粧品のカタログ(現地のショッピングモールに出店する高級ブランドショップ10社の販促用カタログ)

● シーク教徒が使用するターバン布

● インドで販売されている中国製ヒーター

● デリーの人気店が販売する紅茶

 

入手代行サービス費用: 1件につき15,000円(税抜)~  *物品の送料は別途かかります。

ケース5: 英文書の翻訳やインド人との商談で通訳が必要だ。

 インド人との商談等の通訳、各種書類の翻訳を行っております。

ケース6: インドの教育機関に留学したい、させたい。

 (1) インドの大学(学士、修士、博士課程)への留学支援

 ICCR奨学金応募、私費留学におけるインドの大学紹介、願書出願、受験対策支援、大学見学や教授との面談手配、インド英語のブラッシュアップのサポートを行っております。25年度は見事インド有名私立大学に入学した頼もしい若者もおりました。

 

 (2) インド留学後の生活支援

 ご要望に応じて様々なサポートを行っております。日本の食材をハンドキャリーで届けることもあります。

弊社サービスにつきましてご気軽にお問い合わせください。

お問合せフォームはこちら>>>

現地拠点を設立する場合の流れ(一例)

貴社と共に考え、共に戦略を練り、貴社のインドビジネスを成功に導くコンサルティングに努めております。

 

① インド全般の理解
可能な限り直接お会いし、インド全般についての概要を説明させていただきます。
直接お会いすることにより、当社を信頼していただくことが何より大切と考えております。

② 第1次訪印(現地視察)
インドを実際に見ていただき、現地のマーケットを肌で感じていただくことをお勧めします。
百聞は一見にしかず、現場を知らずして具体的なビジネス戦略を立てることはできません。

③ 進出戦略の具体化
現地を視察していただき、具体的な戦略を共に考えてまいります。
その中で、ターゲットを明確にして具体的なビジネスの要領について明らかにしてまいります。

④ 第2次訪印(進出基盤整備)
前③項まで決まってから、第2回目の訪印を計画します。
訪印で、現地に開設するオフィス・店舗・工場等の場所、パートナー企業を決めます。

⑤ 登記・許認可手続き
前④項の訪印前後から、現地法人(事務所)開設のための登記手続き並びに各種許認可手続きを開始します。

⑥ 第3次訪印(赴任)
登記手続きと赴任準備を並行して進めつつ、いよいよ赴任のための訪印となります。

⑦ 事業スタート
貴社の現地進出後も、本邦及び現地において誠心誠意のコンサルティングを行います。また、
トラブル発生時も信頼できる弁護士を紹介する等、万全のサポート態勢を維持しています。

現地フルサポートサービス(一例)

弊社の社員がインドビジネスを始めるお膳立てを全て行います。その内容は、ビジネスの内容により大きく変わりますが、自社製品を現地において販売する場合を例にとれば、以下の業務を弊社の社員が現地に滞在して行うサポートです。

  • 基礎調査(輸出入規制や関税計算等の法制面調査)
  • 市場調査
  • 商標調査・登録
  • 現地販売事業計画作成
  • 現地パートナーの発掘・商談・契約書作成
  • 事務所の手配(ご要望により登記申請)
  • 社宅の手配
  • 現地従業員の手配

 

約1ヶ月間の日本における打合せの後、約1ヶ月間現地に滞在して御社の社員のごとく活動します。この間、御社が行うことは必要な書類のサインのみ(郵送又は電子署名)です。

インドビジネスの魅力は理解するが、現地に1ヶ月間も人員を割く余裕がない、あるいは適切な人員がいないなどでお困りの企業様にとっては大変有効なサポートとなります。

当社のサービスについてご気軽にお問合せください

お問合せフォームはこちら>>>

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

インドと更なる関わりが期待されている昨今、躍進著しいインドを理解するためのポイントをわかりやすく解説。弊社代表平野のかつてのボスであり、元駐インド大使としての貴重な経験と知見に基づきインドの実像が浮き彫りになる名著です。

弊社代表平野のかつてのボスであり、現日印協会理事長兼日本戦略研究フォーラム代表理事・会長の平林博元インド・フランス大使が「あの国以外、世界は親日!」という衝撃的なテーマの本を執筆されました。平林理事長は「日本人を元気づけるのが目的」と仰っております。お勧めの名著です。

谷野大使らしい視点でアジアを読み解き、それを平易な言葉で分かりやすく解説している点が優れています。

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像