インドの大規模停電

インドの大規模停電

 

7月30日~31日にかけて、かけて大規模停電が発生した。

 

これは、1980年代に国家電力網の組織化計画が着手されて以来、初の大規模停電となった。この国家電力網組織化計画により、この国家電力網組織化計画というのは、地域ごとの電力網を統合一元化し、電力の効率的な配分を可能にしようというものであり、2014年までに南部地域を除く各地域の電力網が相互接続されることになる。

 

しかしながら、電力網の統合一元化は、一部の電力網の不具合により全体がダウンしてしまうというリスクも抱えている。

今回の大規模停電は、当初、需要と供給のバランスが崩れたものであり、いくつかの州が電力を使用し過ぎたためと言われていたが、主因は電力網の総合一元化によるリスクが露呈してしまったとみることができる。

 

ことの始まりは、この電力網の幹となる電力大動脈の西部地区において送電の一部が、修理と改修工事のために停止されたことにある。しかしながら、この2つのラインは西部と北部との間の電力網の構成に重要な役割を果たしていた。

 

この2つのラインが不通となったため、他の送電ラインに大量の電力がバイパスされて流れた。7月29日までにバイパスされて流れた電力は1,000メガワットというとてつもない量である。同日午後3時には、このラインがパンク寸前という状態になった。翌7月30日の午前2時33分から35分の2分間に、ビハール州のバリア、及びウッタルプラデシュ州北部のゴラクプールとラクナウ間の主要なラインもパンク寸前となり閉鎖された。同様にウッタルプラデシュ州とビハール州の各ラインも閉鎖された。その他のラインも次々と閉鎖された。
 

これらのラインの閉鎖に起因する電力の激しい変動からシステムを保護するためのサーキットが働き、各発電所も自動的に発電を停止した。2時33分から35分という短い間に、次々と送電が停止され、 インド北部の広大な地域が停電となった。いわゆるドミノ現象という状態に陥り、1つの原因が次々と他に波及して行ったわけである。個々の現象はさほど深刻なものではなかったが、これが連鎖してシステム全体の機能を麻痺させ大規模な停電となった。7月31日に起きた2度目の停電も、この連鎖とみることができる。

 

インドが急速な経済発展を続けており、これに電力の供給が追いついていないのは紛れも無い事実であるが、今回の2日間に及ぶ大規模停電は、電力網の統合化による欠点が露呈したものであり、原理的には5千万人が停電の被害を受けた2003年の北アメリカにおける大停電と同じである。

 

統合化された電力網においては、どこでも発生する可能性のある事象であり、先進国における電力網システムにおいても起こり得るものであるが、今後の電力網統合化を進めて行く上で大きな教訓を残したことは間違いなく、この教訓を今後の電力網統合化に活かして行けるか否かがインドにおける電力網統合化成否の分かれ道になるであろう。 

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ。

 

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像