日本の選挙が日印関係に及ぼす影響とは?

選挙が日印関係に及ぼす影響
 

今回の選挙では、安倍元首相率いる自民党が大勝しました。結論から先に述べれば、この選挙結果は、日印関係にとって大いにプラスとなるでしょう。

 

1998年、インドが核実験を行ない、これに対して経済制裁を課した日本とインドとの関係は、一時的に冷え込んだ状態になりましたが、この状態を打破したのが、2000年8月に訪印した森首相でした。この訪印で、当時のヴァジパイ首相と森首相との間で「日印グローバル・パートナーシップ宣言」が調印されました。

 

2005年4月に訪印した小泉首相は、マンモハン・シン首相との間で「アジア新時代における日印パートナーシップ:日印グローバル・パートナーシップの戦略的方向性」について合意しました。

 

2006年12月、小泉首相とマンモハン・シン首相との合意を更に具体化する「日印戦略的グローバル・パートナーシップに向けての宣言」が訪日したシン首相と当時の安倍首相との間で合意され、これ以降、日印両国の首相は、毎年交互に相手国を訪問することが決定されました。

 

2007年8月に安倍首相が訪印した時には、日本人の総理として初めてインドの国会で演説し、インド人議員に大きな感銘を与えたと言われています。この訪印時、安倍首相には経団連会長以下200名近い経営者が同行しました。インドとの経済交流に期待をかける日本側の力強いなエネルギーを感じたものです。その時の首相が再び首相に返り咲くということの日印関係に及ぼす意義は計り知れないものと考えて良いでしょう。 

 

参考資料 外務省ホームページより→インド国会における安倍総理大臣演説「二つの海の交わり」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/eabe_0822.html

 

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ。

 

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像