マンモハン・シン首相講演

インド シン首相来日 日印関係の発展

マンモハン・シン首相講演

 
5月28日、日印協会、日印友好議員連盟、民間外交推進協会の共催により行われたシン首相の講演では注目すべき点が多くありましたが、特筆すべきは以下の点でしょう。

 

1 スバス・チャンドラボースを引用したこと。

2 安倍総理が、総理就任後、最初の国賓としてシン首相を迎え入れようとしていたこと。

3 2プラス2(両国外務省・国防省間の対話)とインド海軍・海上自衛隊間の合同演習について触れる等、2国間の安全保障面における関係について踏み込んだ発言をするとともに、将来の安全保障と防衛技術協力の拡大の必要性について言及したこと。

4 スズキ自動車のインド進出、デリーメトロの成功に触れ、現在の日印協力事業の象徴であるデリー・ムンバイ間の産業大動脈構想にも触れ、将来これをチェンナイ・バンガロール間にも拡大する計画のあることを敢えて紹介したこと。

5 昨年、レアアースに関する分野での相互協力に調印したことに敢えて触れたこと。


インド独立の志士スバス・チャンドラボースは、当時の東條内閣の全面的な支援を得て自由インド仮政府を作り、インパール作戦で日本軍とともに英印軍と戦ったという歴史的事実があります。インパール作戦は、援蒋ルートを断ち切るための作戦です。援蒋ルートというのは、米英による蒋介石の中国を支援するためのルートです。 

 

インドが2プラス2対話の関係を有している日本だけです。2プラス2対話は、安全保障対話の枠組みです。中国とはこのような関係を有しておりません。

 

インドの自動車産業に革命をもたらし、インドの経済発展の牽引力となったのは日本であることを強調しました。更にレアアースに関する国家間合意にも敢えて触れたこと...。中国はレアアースを武器にして日本に圧力をかけた国です。

 

以上から、今回のシン首相の講演は、日本国民のみならず中国政府をも念頭においた強烈なメッセージと理解すべきでしょう。非同盟を貫いて来たインドとしては異例とも言えるメッセージ、この意味するところは非常に深くて大きいということをしっかり認識することが必要です。

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ。

 

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像