インドにおける日本語教育の現状

2024年に人口16億が予想され中国を抜く見込みとなる巨大市場、

2017年安倍首相が訪印の際はインドのモディ首相と行われた日印首脳会談において、政治・安全保障・経済など様々なことを確認しましたが、その中で安倍首相はインドでの日本語教育強化はビジネスや人的交流の裾野を拡げるものとして、100の教育機関で日本語講座が開設されることを前提に1,000人の日本語教師の研修を実施したい旨述べられたそうです。

10年前は海外の日本語教育機関は中国と韓国の2ヶ国が鉄板(中韓2)といわれていましたが、国際交流基金の2015年度の調査結果によると、中国や韓国では英語教育の推進により日本語教育は減少傾向がみられる一方で、オーストラリア、タイ、ベトナム、フィリピンの日本語学習者はそれまでの20%以上の増加がみられたそうです。

2025年に人口で中国を抜く巨大市場、'14年モディ首相が世界に先駆け来日、日本語教育環境も強化。日本との良好な関係国で今後、要注目となりそうですね。

インド進出企業はジェトロの調査によると2017年現在で1369社に上るとのことですから日本語教育機関に限らず、日本企業の現地支社で現地のエンジニアなどに日本語を教えるという形での採用も増えそうです。

日本語教師の給料は30,00060,000インドルピー(日本円で約60,000120,000円)が相場だそうですが、給与ほか住居環境や帰省時航空券の有無なども気になるところですね。

職場環境が整えられ、今後の人的交流が広がることが期待されます。

 

参考:外務省ホームページ

http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page4_003293.html

 

 

 

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ。

 

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像