インドの大気汚染と霧事情

インドの大気汚染が深刻だそうです。

外務省の注意喚起を転記させていただくと、「インドでは,例年,雨期が終わり気温の低下する10月頃から1月下旬頃まで,大気汚染が顕著となる傾向にあります。特に,毎年10月下旬から11月上旬(2018年は11月7日の予定)に行われるヒンドゥー教の祝祭であるディワリ(Diwali)前後に市内のいたる所で使用される大量の花火によって,大気汚染が助長されることが懸念されていますので,以下2を参照し,適切な対策を心がけてください。

 2018年に世界保健機関(WHO)が世界91か国の2,628都市におけるPM2.5の年平均値(実測値)を公表したところ,デリーのPM2.5年平均値は143μg/m3と世界最悪レベルに達しており,WHOの基準(10μg/m3以下)およびインド政府の基準(40μg/m3以下)を大きく超えていました。」とのこと。

世界の都市の大気汚染ワースト10に入る勢いで汚染が進んでいるその原因は、11月に入ると刈入れの終わった田畑を焼く習慣、年々増加する車の排気ガス、そして発電所や工場からの排気が空気中に滞留するためと言われています。実際、10月から2月は濃霧になることも多くインディラガンディー国際空港の離発着にも影響することがあります。この時期に北インドを旅行される場合は、航空機の離発着の遅れや代替え飛行場への着陸の可能性などを考慮し十分な余裕をもって計画することが必要です。また、鼻やのどのケアのため、マスクを持参されることをお勧めします。現地でインド人と合流する場合には、その人の分も持参してください。自分だけマスクをするとなんとなく後ろめたい気持ちになったり、インド人の心証を害したりしますので。一緒に着ければ連帯感みたいなものも出て来てプラス効果になることの方が多いです。

 

参考:外務省HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C150.html

 

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ。

 

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入いただけます>>

弊社代表平野が監修した本です。メモを取るノウハウ満載されています。

link to facebook フェイスブック
インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像