トランプ米大統領のインド訪問

 アメリカのトランプ大統領は、2020224日から25日の間、夫人とともにインドを初めて公式訪問しました。

米国大統領のインド訪問は2015年のオバマ大統領以来5年ぶりとなります。

トランプ大統領夫妻は、初日にモディ首相の地元の西部グジャラート州の世界最大のクリケット場で演説の後、世界遺産のタージマハルを訪問しました。翌日ニューデリーの大統領官邸を訪問し、ガンジーの慰霊碑に献花した後、迎賓館でモディ首相と会談しました。

トランプ大統領は、日本とともに「自由で開かれたインド太平洋」構想を掲げ、中国に対抗する上でインドを必要不可欠なパートナーとみています。インドも中国が南アジアで影響力を拡大させることを警戒しており、民主主義国家の双璧として相応の対応が必要と考えています。

インドとの間に多額の貿易赤字を抱えるトランプ大統領としては、選挙を控える中、防衛装備品やエネルギー分野の輸出を拡大することで、実績をアピールしたい狙いがあります。

トランプ大統領は、インドに対し対潜哨戒ヘリコプター等を30億ドル規模で売却することに合意しました。

 モディ首相としては、アメリカとの緊密性を示すことによって、大国と肩を並べる指導者として自らの政権基盤を盤石なものにする意図がありました。モディ首相は、アメリカから液化天然ガス(LNG)等の輸入量を増やしエネルギーの供給の安定化の道を探りました。

 訪問中のニューデリーで、市民権改正法に抗議するイスラム教徒とヒンズー教徒による暴動があり、多数の死傷者が出たにもかかわらず、トランプ大統領はモディ首相を非難しませんでした。

 したたかなインドが、アメリカとの市場開放を含む大規模な通商協定を締結するにはまだ少し期間を要すると思われますが、新型コロナウイルスの蔓延の恐れがある現在、世界経済の発展にとってインドの立ち位置は益々重要になって行くでしょう。

(写真はNTTV写真集から引用)

 

 

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像