再々延長もあり得るインドのロックダウン

 4月14日、インドのモディ首相は、3月25日から実施されていた、新型コロナウイルス対策としてのロックダウンを少なくとも5月3日まで延長することを表明しました。

4月20日現在の感染者数は17,615名で、死者は559名に達しています。大都市での感染者数が増大しており、ホットスポットも多く確認されています。また、インドは十分な検査が実施されていないため、正確な感染者数ははるかに多いことが見込まれています。

インド政府は、インドの都市をRed Orange Green3種の色で区分しています。Redは感染の集中都市を示しデリー、ムンバイ、ハイデラバード、ジャイプール、カサラゴッド等が該当し、Orangeは、限られた感染者の都市、Green は感染者が報告されていない都市です。RedからOrangeは感染が制御された、 Green からOrangeは感染が拡大等、都市の色分けとその変化により、理解しやすい形でコロナウイルスの封じ込めに活用しようとしています。

ロックダウンの影響は、インド経済にとって大きいものですが、特に経済の基盤である農業への影響が大きく、国民の半数以上を占める農家の貧しい人たちにとって最悪の打撃になっています。また、何百万人の日雇い労働者が職を失い、道路の封鎖が食糧の供給を妨げています。ロックダウンの延長により、インド各地で日雇い労働者による暴動も発生しています。

人口密度が高く、公衆衛生の脆弱なインドにおいて、コロナウイルスによるパンデミックが発生した場合、13億以上の人口が国内及び世界にどのような影響を及ぼすのか、最大の人口の中国の対応と比較しながら注視する必要があります。

 

 ハイデラバードに居住する当社代表の友人は、ロックダウンは524日まで再度延期される可能性が高いと述べています。その理由は、インドの住民の多くが政府の方針に従わず、感染者数が53日までに減少に転じるとは考えられないためと述べています。

 この友人は英国の会社で働いていますが、現在はテレワークで自宅勤務しています。願わくば友人の予想が外れ、5月3日でロックダウンが解除になりますように!

(グラフはWorldOMetersより引用)

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像