インドの不可抗力条項

 

新型コロナウイルスの蔓延により、全世界的な企業活動に大きな影響を及ぼしています。

企業間の部品等の納入延期や債務不履行等の問題が発生した場合、契約書記載の不可抗力条項の発動が検討される状況が起こり得ます。不可抗力条項は、契約当事者間でコントロールできない戦争、暴動、自然災害等により契約の履行ができない場合に、履行義務者を免責とする条項です。

 2020219日、インド財務省は、インド政府が物資等の調達を行う契約において、新型コロナウイルスが不可抗力事由のうち自然災害(Natural calamities)に該当し得ることを表明しました。(不可抗力条項に保健衛生上の危機「パンデミック等」が記載される場合もあります。)ただし、免責の期間は、新型コロナウイルスの影響が続いている期間に限られます。なお、不可抗力事由により、契約履行義務の全部または一部が履行できない状態が90日以上続いた場合、何れの契約当事者も相互に金銭的賠償をすることなく契約を解除できるとしています。

 不可抗力条項が定められていない契約においても、政府の移動制限等の後発的な措置により履行不能になった時、契約そのものを無効にすることができる場合があります。ただし、契約履行の前提が完全に覆り、義務の履行が不可能なことを立証することが必要です。

 インド政府は、202032日から、以前に発給された全てのビザを無効にし、325日からインド全土のロックダウンを継続しており、日本企業にも影響を及ぼしています。新型コロナウイルスのパンデミックによる不可抗力条項を理由として、一方的に債務を履行しない旨通告されたり、代金支払いの一時停止等の問題が実際に発生しています。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、対インドのみならずクロスボーダーの取引にも影響するため、取引につながる国の不可抗力に関する判断に注目する必要があります。

 不可抗力はインドの英文契約書の契約条項に、よくForce Majeureと記載され使用されています。

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像