インドのバイオマス燃料について

インドは急激な経済発展に伴い、世界有数のエネルギー消費国となり、多くは埋蔵量世界第5位の石炭に依存しています。2017年の1次エネルギーの消費比率は、石炭44.3%、石油25.3%、再生可能エネルギー21.2%、天然ガス5.8%、原子力1.1%、その他2.3%で、石油の大部分は輸入に依存しています。バイオマス燃料を石油の代替えエネルギーと位置付け、2030年までにバイオエタノールのガソリン混合率を20%、バイオディーゼル混合率5%を目標としていますが低い状態が続いています。

「自然エネルギー世界白書」による、2017年の世界の再生可能エネルギーの使用割合は、83.7%が発電として使用され、10.7%が冷暖房の熱源、残りの5.6%が車両等輸送用燃料として使用されています。インドにおいて、車両等輸送用のバイオエタノールの普及率は3%程度に留まっています。

インドのバイオエタノールは、主としてサトウキビの残渣(糖蜜:モラセス)から精製されますが、原材料は気候変動、食料の安全保障政策等様々な影響を受けます。砂糖の国内価格の上下により、作付面積が4~5年単位で変化(シュガーサイクル)するため、砂糖の生産量は大きく変動します。そのため、サトウキビ以外の食用でない供給源として、植物の種子・茎や農業残渣等の活用が検討されています。

インドは世界第2位の砂糖生産国で、第3位の消費国でもあります。新型コロナ対策のためロックダウンが続くなかで、世界中の砂糖の需給バランスが崩れた結果、インドのバイオエタノールの増産が期待されています。現在、バイオエタノールの一部は、国内の手指消毒剤として使用されています。

代替えエネルギーとしてのバイオマス燃料は、農家の収入増、雇用の創出、農業廃棄物の削減、並びに輸入エネルギーの減少を目的としていますが、新型コロナウイルス対策の長期化やその他の再生可能エネルギーの動向に影響され、その目的達成の見込みは立っていません。

 

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像