インドの子供の死亡率について

 UNICEF(国連児童基金)は、新型コロナウィルスの対応等により、通常の医療システムが弱体化し保険サービスが混乱等するため、全世界の子供の死亡率が高まると警告しています。

「子供の死亡率のレベルと傾向2020、UNICEF」によると、インドの5歳未満児の死亡者数は1990年の340万人・千人当たり126人(日本8千人・千人当たり6人)から2019年の83万人・千人当たり34人(日本2千人・千人当たり2人)まで大幅に減少しました。過去30年間で、子供の死亡原因を減少するための、予防接種や新生児ケア等に国を挙げて尽力した結果です。

新型コロナウィルス関連のパンデミックにより、医療機関受診を控え、健康診断や予防接種の未実施、産後のケア不足等により、最悪の場合今後6か月間に全世界で、5歳未満児が370万人死亡すると予測されています。また、同様に妊産婦20万人の死亡も予測され、過去数十年間の努力が無に帰す恐れがあります。

新型コロナウィルス対応の期間中の、移動・運動の制限、学校の閉鎖等による社会的及び精神的影響が子供たちに及ぶことも心配されています。SDG’s(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)に定められているように、すべての人に健康と福祉を与えることは、コロナ禍においても後退させてはいけない目標です。

 

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像