トランプ大統領のコロナウィルス感染とインド

11月2日、トランプ大統領夫妻の新型コロナウイルス感染が公にされました。直後は、フェイクニュースか形勢逆転のためのシナリオとの噂もありましたが、本当の意味でオクトーバー サプライズ(October Surprise:米国大統領選挙が行われる1か月前の10月に選挙に大きな影響を与える出来事が起こる事、前回の選挙でも優勢と思われたクリントン候補の私用メール問題の再捜査が表明された事等々)になりました。

トランプ大統領は、9月29日の両候補による初めてのTV討論会で、自己の新型コロナウイルスのパンデミック管理を正当化するために、中国、ロシア、インド(インドは、米国、ブラジルに続く第3位の死亡者数)を名指しして、死亡者数が疑わしいと発言しました。また、米国のパリ協定離脱を擁護するために、中国、ロシア、インドは有害な物質の大気排出に関心を示していないが、米国は適切に実施しているとも述べています。

本年2月に訪印して大歓迎をうけたトランプ大統領は、米国とインドは緊密な同盟国であり「特別な友人」と持ち上げていましたが、インドを中国、ロシアと同列に扱わなければならないほど、今回の大統領選では厳しい戦いを余儀なくされているということでしょう。

米国の大統領が変わったとしても、インドの存在価値は変わらないと思われますが、トランプ大統領の新型コロナウイルスの感染が、インドの感染拡大防止に良い影響を及ぼす警告になることが望まれます。

10月2日、モディ首相は、トランプ大統領夫妻に宛てて「私の友人の迅速な回復と健康を祈る。」との電報を発信しました。インドの大統領ラーム・ナート・コヴィンド(Ram Nah Kovind)氏も、早期回復を願う電報を打っています。なお、インドの前大統領ムカジー(Mukherjee)氏84歳は、8月31日に新型コロナウイルス感染により死去しています。

 

English

講演・セミナーのご案内

コンサルタントとして日々活躍する傍らご要望があれば大学や会社等で講演・セミナー活動も行っております。

インドが少しでも馴染みのある国と感じられるよう、誠心誠意お話をさせていただきます。

 

詳細はこちらにてご確認くださいませ↓

講演依頼.comサイト

https://www.kouenirai.com/profile/8831

 

尚、弊社に直接お問い合わせいただいても結構です。

 

平野隆之の書籍紹介

この1冊で、インドが分かる!

インドの核実験、カースト、インド的思考回路等々、当社代表が今まで見たこと、触れたこと、肌で感じたことを楽しく紹介しています。

こちらからご購入ください>>

弊社平野が監修した本です。

メモを効率的に素早く取るノウハウが満載です。

インドビジネスコンサルタント 平野隆之

お問合せ

お問合せフォームはこちら

Tel: 03-5577-6206

Fax: 03-5577-6207

 

101-0047 東京都千代田区

内神田1-11-6大丸ビル3F

 

Uchikanda1-11-6, Daimaru Building 3F

Chiyoda-ku, Tokyo 1010047,

Japan

Tel:+81-3-5577-6206

Fax:+81-3-5577-6207

【営業時間】

09:00  ~ 18:00

(土日祝日除く)

 

【ビジネスパートナーの紹介】

弊社のビジネスパートナーや所属団体はこちら

【当社のロゴ】

日本とインドの国旗カラーを組み合わせ、両国のつながりをイメージできるデザインにしました。

インドビジネスの日印ビジネス支援協会株式会社 会社ロゴ画像